から、発表者へ会期中のアポイント申込が可能です。
大学、国公立研究所の研究者が、最新の研究成果を発表されます。
会場:展示会場内 特設会場
※受講を希望される方は、開催当日、直接会場へお越しください。

(敬称略)
※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。
日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-4
革新的バイオ医薬品の開発を目指したバイオ創薬技術と創薬支援の取り組み

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
バイオ創薬プロジェクト
プロジェクトリーダー  角田 慎一

我々は、ファージ表面提示法を駆使したバイオ創薬技術により、新規抗体医薬品、タンパク医薬品等の創製を試みている。これら技術と創薬支援の取り組みについて紹介する。

日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-1
脂肪前駆細胞からの血小板作製

(公財) 神奈川科学技術アカデミー
革新的血小板創製技術の確立と医療応用プロジェクト
プロジェクトリーダー  松原 由美子

輸血用血小板は、100%献血者依存、4日間の保存期間であり需要と供給のアンバランスが世界的問題となっている。この解決に向けて、血小板作製システムを開発した。

日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-5
感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発

埼玉大学
大学院理工学研究科
教授  松岡 浩司

埼玉県が推進する先端産業実用化開発事業に関して、埼玉大学先端産業実用化開発事業として、「感染症及びがんの早期検出薬・診断薬研究開発」について紹介する。

日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-3
脳におけるストレス応答因子の機能解析

東京薬科大学
生命科学部 環境応用動物学研究室
助教  梅村 真理子

私達は環境からのストレスに応答して発現が上昇する因子の欠損マウスを作成し、脳の形態異常や異常行動を示すことを明らかにした。

日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-6
各種活性酸素・フリーラジカル消去活性測定(MULTIS)法による抗酸化能評価

同志社大学
生命医科学部
教授  市川 寛

光照射により一定量の6種類のラジカルを発生させ、CYPMPOなどを用いたESRスピントラッピング法による抗酸化能測定法(MULTIS法)の有用性を紹介する.

日時:5月13日 (水) 12:45 ~ 13:15     会場: ACA-2
哺乳類細胞で発現できる新規組換えBCG遺伝子T細胞ワクチンの開発

日本大学医学部
医学部
准教授  相澤(小峯) 志保子

従来のBCGワクチンでは困難であった抗原特異的CD8陽性T細胞を活性化することができる、新規組換えBCG結核ワクチンを作成したので紹介する。

日時:5月13日 (水) 13:30 ~ 14:00     会場: ACA-6
生体膜デバイスの創薬・センサ応用

(公財) 神奈川科学技術アカデミー
人工細胞膜システムグループ
サブリーダー  大崎 寿久

マイクロデバイス上に生体膜を再構成する独自技術を基盤とした膜タンパク質機能解析やセンサ開発のこれまでの成果と、創薬・診断ツールに向けた展開を述べる。

日時:5月13日 (水) 13:30 ~ 14:00     会場: ACA-2
健康の増進を目指した非侵襲多モードセンサと高効率解析手法について

カリフォルニア大学サンディエゴ校
バイオエンジニアリング
アソシエイト・プロフェッサー  トッド コールマン

多モードセンサと高効率解析手法を用いたヒューマン・コンピュータ・インタフェース研究の医療診断ツールへの応用について周産期医療や慢性病管理等の実例を交えて詳述する

日時:5月13日 (水) 13:30 ~ 14:00     会場: ACA-1
氷結晶制御物質を用いた新規細胞、組織、臓器保存液の開発

関西大学
化学生命工学部
教授  河原 秀久

通常臓器は4℃保存で行っているが、氷結晶制御物質のうち過冷却促進物質や不凍タンパク質・多糖を用いて、0℃~―10℃域で、未凍結状態で保存する技術について解説する。

日時:5月13日 (水) 13:30 ~ 14:00     会場: ACA-5
免疫性血小板減少症における抗トロンボポエチン抗体の検出法の確立

北里大学
医療衛生学部 血液学
講師  佐藤 隆司

ITPにおける抗TPO抗体の検出法として、哺乳類細胞発現系で作製されたTPOを用いたELISA法、IP/WB法、MAPKのリン酸化の半定量法を確立し、高感度に検出が可能となった。

日時:5月13日 (水) 13:30 ~ 14:00     会場: ACA-4
創薬ツールとしての高効率タンパク質連結(ライゲーション)技術

首都大学東京
理工学研究科 分子物質化学専攻
准教授  三島 正規

我々の高効率なタンパク質連結技術は、従来では困難な全長タンパク質の調製や、標的タンパク質の簡易な化学修飾を可能にする。創薬等の基盤技術としても大変有用である。

日時:5月13日 (水) 14:15 ~ 14:45     会場: ACA-4
インフルエンザウイルスの創薬研究

(公財) 神奈川科学技術アカデミー
革新的インフルエンザウイルス創薬プロジェクト
プロジェクトリーダー  朴 三用

インフルエンザRNAポリメラーゼはウイルス増殖の中心的な役割を担っており、RNAポリメラーゼの構造を基に創薬探索について報告する。

日時:5月13日 (水) 14:15 ~ 14:45     会場: ACA-6
三日熱マラリアと熱帯熱マラリアの双方を検出するペプチド及び抗体検査材料

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 研究所
熱帯医学・マラリア研究部
部長  狩野 繁之

微粒子表面に熱帯熱マラリアと三日熱マラリアの双方の抗体診断を可能とする抗原ポリペプチドを固定化し、流行地のフィールド応用を可能とする検査材料として特許を得た。

日時:5月13日 (水) 14:15 ~ 14:45     会場: ACA-3
B型肝炎ウイルス全組込みとエピゲノム変化の解析による肝発癌のリスク診断

聖マリアンナ医科大学
内科学(消化器・肝臓内科)
准教授  山本 博幸

Genome capture法併用次世代シークエンサーを用いた本解析方法により、ウイルス感染に関連したがんのリスク診断や創薬のターゲットとなるメチル化異常の同定が可能である。

日時:5月13日 (水) 14:15 ~ 14:45     会場: ACA-1
サケ白子由来DNA/プロタミン複合体からなる新規インジェクタブル骨再生材料

鶴見大学
歯学部歯科理工学講座
教授  早川  徹

サケ白子由来DNA/プロタミン複合体からなる新規インジェクタブル骨再生材料を開発している.動物モデル等での骨形成能を紹介し,骨再生材料としての可能性について述べる.

日時:5月13日 (水) 14:15 ~ 14:45     会場: ACA-5
Hinge欠失IgG Fc融合タンパク質技術

東京工科大学
応用生物学部
教授  佐藤 淳

hinge欠失Fc融合タンパク質技術は、エフェクター機能を活性化せず、タンパク質医薬品の血中安定性を向上させることが可能である。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-5
抗スギ花粉Cry j1モノクローナル抗体IgG1(P1-8) Fabによるスギ花粉症の制御

神戸薬科大学
薬理学研究室
教授  吉野 伸

スギ花粉アレルゲンCry j1に対するモノクローナル抗体IgG1(P1-8)Fabによってマウス・スギ花粉症は抑制されるため、P1-8Fabはヒトの場合も有効である可能性がある。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-6
分子インプリント高分子を用いた薬剤監視用センサ

芝浦工業大学
工学部応用化学科
教授  吉見 靖男

テーラーメイドで簡便に合成できる分子を使って、様々な物質を簡単な操作でセンシングできます。治療薬モニタリング(TDM)を始め、種々の場面で活躍が期待できます。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-2
褐藻類由来のゾナロールが潰瘍性大腸炎を抑制する

東京工科大学
応用生物学部
教授  佐藤 拓己

褐藻類(シワヤハズ)由来のテルペノイド・ゾナロールがマウスの大腸炎(DSS)モデルにおいて潰瘍性大腸炎を抑制した。ゾナロールが貪食細胞の炎症を抑制したためである。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-1
芳香族類に対する触媒的重水素導入法の開発

長崎大学
医歯薬学総合研究科
准教授  栗山 正巳

芳香族塩化物に対して還元的に重水素を導入可能とする触媒系の開発に成功した。本手法により優れた化学選択性と重水素化率を両立する一般性の高い重水素導入が実現された。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-3
前立腺癌における新規治療標的となりうる遺伝子の同定

日本大学
医学部
専修医  芦苅 大作

近年増加傾向にある前立腺癌の予後因子となる遺伝子を同定した。この遺伝子の発現を抑制することで腫瘍増殖抑制効果が認められ、新規バイオマーカーの可能性も示唆された。

日時:5月13日 (水) 15:00 ~ 15:30     会場: ACA-4
疾病メカニズム解明・創薬のためのトップダウンプロテオーム解析法の開発

武蔵野大学 薬学研究所
プロテオアナリシス客員研究部門
客員講師  一番ヶ瀬 智子

タンパク質の量的変化は疾患メカニズムの解明に重要である。我々は新規プロテオーム解析法の開発を行い、疾病メカニズムの解明と創薬のためのキータンパク質探索を行った。

日時:5月13日 (水) 15:30 ~ 16:00     会場: EX-5
高性能電子顕微鏡による反応科学・ナノ材料研究支援

名古屋大学
エコトピア科学研究所超高圧電子顕微鏡施設
特任准教授  荒井 重勇

最先端の電子顕微鏡群を用いて生体試料の形態学的および分子生物学的研究、細胞を丸ごと観察するような厚い生物試料観察、FIB-SEMでの細胞組織などを立体構築が可能です。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-5
抗肥満薬リードの提案

神奈川大学
理学部 化学科
教授  上村 大輔

今回提案の新規物質は、マウス試験でも脂肪蓄積後の白色脂肪細胞を解消する効果が十分に得られたもので、今後、作用機序の解明と臨床実験を計画します。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-3
メラノーマにおけるマイクロRNAの抗腫瘍効果

岐阜大学
連合創薬医療情報研究科
教授  赤尾 幸博

メラノーマに対するがん抑制miR-205にBP(ベンゼン-ピリジン)を2本鎖両方の3’末端に化学修飾させた。このmiR-205/S3のヒト及びイヌメラノーマでの抗腫瘍効果を報告する。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-6
大動脈造影下CT画像からの肝細胞がん栄養動脈の抽出と可視化法

近畿大学
生物理工学部 システム生命科学科
講師  篠原 寿広

IVR-CTによる大動脈造影下CT画像から肝細胞がんの栄養動脈を大動脈から腫瘍まで自動的に抽出する方法を提案する。また、血管の可視化方法として、血管仮想操作を提案する。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-1
ナショナルセンター・バイオバンクネットワーク(NCBN)の活動と展望

ナショナルセンター・バイオバンクネットワーク
国立国際医療研究センター
中央バイオバンク事務局長/遺伝子診断治療開発研究部長  加藤 規弘

疾患の解明・治療法開発のためには多面的・統合的な研究アプローチを要し、6つのナショナルセンターは共同・連携して多様な疾患に対応した生体試料をバンキングしている。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-2
舌下免疫による歯周病及び動脈硬化予防法の開発

日本大学
松戸歯学部
准教授  落合 智子

歯周病が動脈硬化や糖尿病などの全身疾患の誘因となることが報告されている。安全性が高く負担が少ない舌下免疫療法による歯周病予防は口腔や全身の健康にも寄与できる。

日時:5月13日 (水) 15:45 ~ 16:15     会場: ACA-4
創薬抗体における技術整備開発

国立研究開発法人 理化学研究所
統合生命医科学研究センター
コーディネーター、創薬抗体基盤ユニットリーダー  竹森 利忠

機能に優れたハイブリドーマ由来抗体医薬品獲得のため、我々が整備した一連の選択システムおよび、計画をすすめている交差性人工抗体医薬品の開発基盤技術を紹介する。

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-5
日本から発信する新しい抗マラリア薬

岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)・国際感染症制御学分野
准教授  金 惠淑

私たちは薬剤耐性マラリアに有効で、安価で且つマラリア流行地で使用しやすい治療薬の開発研究を遂行し、過酸化構造を有する新しい抗マラリア薬候補を見出した。

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-4
脳梗塞治療における創薬ターゲットの探索

神戸学院大学
薬学部
教授  徳山 尚吾

脳梗塞は麻痺や記憶障害等の重篤な後遺症を誘発しやすく、適切な治療薬の開発が急がれている。今回、神経ペプチド orexin-A とsodium-glucose transportor-1 に注目した。

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-6
モノの柔さを触診メカニクスにより計測するシステムの実用展開と高感度化

東京農工大学
大学院工学研究院先端機械システム部門
准教授  佐久間 淳

モノの柔さについて触れるだけで数値データして客観評価できる計測デバイスを幾つも実用化し,これらが多分野で活用され始めている.さらに医療への展開について紹介する.

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-3
レザフィリンを用いた光線力学療法の脳腫瘍治療への応用

東京薬科大学
薬学部公衆衛生学教室
教授  藤原 泰之

光感受性物質レザフィリンを用いた光線力学療法は、癌細胞を選択的に死滅させる治療法である。我々は本治療法の脳腫瘍への有効性を示し、PMDAによる承認に携わった。

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-2
タバコの煙から新たな免疫賦活物質の探索

名古屋市立大学
大学院薬学研究科衛生化学分野
准教授  瀧井 猛将

タバコの煙に含まれるCompound 1は抗原に対する血中抗体価を微量で上昇させることから、新たなワクチンアジュバントとしての応用を考えている。

日時:5月13日 (水) 16:30 ~ 17:00     会場: ACA-1
ウイルスおよび細菌と宿主との相互作用機構の解明と疾患発症への関与

日本大学 歯学部
細菌学
准教授  今井 健一

口腔細菌がインフルエンザやHIV感染症などの進行に関与している事、歯周病の発症にウイルスが関与している可能性を見出しています。口腔ケアの重要性と共に紹介します。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-3
iPS細胞を利用する「がん幹細胞コレクション」の樹立に向けた取組み

岡山大学
大学院自然科学研究科 生命医用工学専攻
教授  妹尾 昌治

ヒトとマウスのiPS細胞から、それぞれ作成した複数種類のがん幹細胞の解析とコレクションの現状、今後の利用法に関する可能性について紹介する。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-1
タンパク質の光誘起結晶化装置の開発

群馬大学
大学院理工学府
教授  奥津 哲夫

タンパク質の結晶化を誘起する結晶化容器の開発・実用化を行った。
タンパク質結晶の核となるタンパク質二量体を形成させる機能を容器の基盤に付与してある。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-2
健康長寿に働く生理機能物質の探索と応用〜長寿遺伝子と健康〜

筑波大学
生命環境系
准教授  坂本 和一

健康長寿をテーマに、抗生活習慣病やアンチエイジングに働く機能物質の探索と作用機序の解析を行う。機能性食品、化粧品・医薬品、家畜飼料や科学的評価法の開発を目指す。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: EX-5
徳島大学LEDライフイノベーション研究プロジェクトの紹介

徳島大学
ソシオテクノサイエンス研究部
顧問  木内 陽介

徳島大学では徳島県の推進する「LEDバレイ徳島」とも連携し、LED光をライフ分野で活用する研究プロジェクトを進めている。この中で医療分野での応用を中心に紹介する。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-6
光を用いた核酸類操作法の開発

北陸先端科学技術大学院大学
マテリアルサイエンス研究科
教授  藤本 健造

「光」を用いてDNAやRNAを操作する独自の技術を追求しています。秒単位で操作できる高速性も大きな利点の一つです。

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-4
次世代ゼブラフィッシュ創薬と個別化医療

三重大学
大学院医学系研究科薬理ゲノミクス
教授  田中 利男

ゼブラフィッシュの多産性、急速な臓器形成、容易なゲノム編集に加え、独自のヒト疾患モデルやライブin vivoイメージングシステムによるゼブラフィッシュ創薬と個別化医療

日時:5月14日 (木) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-5
創薬・医療技術基盤プログラムによるアカデミア発創薬への取り組み

国立研究開発法人 理化学研究所
社会知創成事業 創薬・医療技術基盤プログラム 事業開発室
マネージャー  山内 忠幸

日本発の革新的な医薬・医療技術創出を目指す、創薬・医療技術基盤プログラム(DMP)の取り組みについて、テーマ・プロジェクトの実例も交えて紹介する。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-4
創薬研究ツールとしてのバイオリソースの活用

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
培養資源研究室/難病資源研究室
研究リーダー  小原 有弘

創薬研究において薬効評価や安全性評価のためにバイオリソースは欠くことのできないツールである。バイリソースの品質・保存管理法とともに新たな研究ツールを紹介する。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-3
3Dがん細胞塊を用いた薬物代謝解析 ~分子標的薬の代謝予測への応用~

岩手医科大学
薬学部 薬物代謝動態学講座
助教  寺島 潤

抗がん剤代謝に重要な薬物代謝酵素発現調節経路が2D細胞と生体内の状態に近い3D細胞塊では異なり、この知見は次世代分子標的薬の体内代謝予測にも有用であると考えられる。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-5
SOAT2阻害による脂肪肝予防治療薬開発の提案

北里大学
薬学部
教授  供田 洋

ステロール0-アシル移転酵素2(SOAT2)アイソザイムは肝と小腸に特異的に発現している。SOAT2選択的阻害剤の非アルコール性脂肪肝予防治療薬としての可能性を提案する。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-6
遺伝カウンセリングにおける対話型家系図描画ツール

近畿大学
理工学部 生命科学科
准教授  巽 純子

乳がんでは患者から情報を得て家系図を作成し、家族性であるかどうかを調べ、治療の方針や家族への情報提供に役立てる。本描画ツールは
診断に必要な家系図が簡単に描ける。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-2
毛成長周期の制御に関与するFGFファミリー

東京工科大学
応用生物学部
教授  今村 亨

毛髪を作り出す毛包が周期的に繰り返す成長-退行-休止からなる毛成長周期の、シグナル分子群FGFファミリーによる調節を示し、化粧品や創薬への応用について議論する。

日時:5月14日 (木) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-1
均一糖鎖構造を持つ糖タンパク質合成法の開発ートラスツズマブを例としてー

(公財) 野口研究所
研究部
常務理事  白井 孝

遺伝子組み換えカイコから生産される抗体を様々なエンド酵素を用いて糖鎖のリモデリングを行い、均一な糖鎖を持つ抗体を調製する方法を開発した。

日時:5月14日 (木) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-6
新規歯周炎診断システム

奥羽大学
薬学部
教授  大島 光宏

歯周炎(歯槽膿漏)患者のみをスクリーニングできるシステムを紹介します。

日時:5月14日 (木) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-3
鉄制御による“がん”、“感染症”治療の新機軸

岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科 病理学(免疫病理)
助教  大原 利章

鉄は生体に必須な微量元素であり、それは〝がん”、〝病原菌”にとっても同様であった。我々は鉄を制御する新しい〝がん”、〝感染症”の治療法を開発した。

日時:5月14日 (木) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-2
導電性ダイヤモンド粉末含有塗料の創製と歯科治療用電解器具としての応用例

(公財) 神奈川科学技術アカデミー
「光触媒」材料グループ
サブリーダー  落合 剛

導電性ダイヤモンド粉末を含有する塗料を開発した。基材に塗布し、水中で電圧を印加すれば、オゾン等を効率よく生成できる。これを歯科治療器具に応用した例を紹介する。

日時:5月14日 (木) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-1
One Health実現のための最新の安全研(RIAS)の取組み~事例紹介~

(一財) 生物科学安全研究所
臨床・開発業務受託室
主任研究員  西村 昌晃

One Health-人と動物と環境の健康維持-実現のため、ウイルスから家畜に至る幅広い生物試験を実施。医薬、動物薬、農薬、化学物質に関する最新の支援事例を紹介する。

日時:5月14日 (木) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-4
ALSにおける酸化ストレスの亢進とエダラボンの投与効果

東京工科大学
応用生物学部
教授  山本 順寛

ALSは原因不明の難病であるがペルオキシナイトライトなどが関与するとの酸化ストレス説が有力である.酸化ストレスマーカーを測定し,エダラボン投与の効果も検討した.

日時:5月14日 (木) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-4
In vivo-like細胞アッセイデバイス-生理的濃度での薬効・毒性を1hで評価-

九州大学
大学院 農学研究院 環境農学部門
准教授  小名 俊博

生理的濃度での生理活性物質の薬効・毒性を投与後1hで評価するIn vivo-like細胞アッセイデバイス!生細胞内ミトコンドリア応答の非標識、非破壊リアルモニターから測定!

日時:5月14日 (木) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-2
ショウジョウバエのヒト疾患モデルを用いた迅速、安価な治療薬候補の探索

京都工芸繊維大学
昆虫バイオメディカル教育研究センター
准教授  井上 喜博

生体老化あるいは糖尿病の研究に有用なショウジョウバエの疾患モデルを紹介するとともに、それらを用いて治療薬候補となる天然物をスクリーニングした成果を報告したい。

日時:5月14日 (木) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-3
血中で後天的にステルス性を獲得-分子インプリント薬物送達ナノキャリア

神戸大学
工学研究科
教授  竹内 俊文

本ナノキャリアは、血管内投与後、血中タンパク質と相互作用しその場でステルス性を発揮する。従来のように予めステルス性を付与するために複雑な設計と合成が必要ない。

日時:5月14日 (木) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-6
新規心機能評価装置、解析ソフト

獨協医科大学
循環器 腎臓内科
臨床教授  黒木 茂広

新規携帯型心尖拍動測定装置を用いて、心尖拍動図を撮り、心機能評価アルゴリズムを作成した。エコー装置で心尖部をMモードで記録し、心尖拍動図と同様の波形を描出した。

日時:5月14日 (木) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-5
細胞膜を標的とした生理活性ナノクラスターの設計

山形大学
理学部
教授  並河 英紀

自然免疫である抗菌性ペプチドの利点とも言える細胞膜攻撃性を有しつつ、ペプチドの弱点である化学的・物理的安定性を補った新しいタイプのナノクラスターを紹介します。

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-4
新規な癌抑制経路を標的としたスクリーニング系の構築と創薬シードの同定

鹿児島大学
大学院 医歯学総合研究科 分子腫瘍学分野
講師  河原 康一

耐性化や副作用など多くの問題があり、効果的な抗癌剤は充足していない。新たな癌抑制経路を標的とした抗癌治療薬や予防食品の探索へ向けた我々の取り組みを紹介したい

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-6
多種腫瘍関連自己抗体の同時測定による癌診断率の改善

北里大学
医療衛生学部
講師  鉢村 和男

多種の腫瘍関連蛋白に対する生体試料中の自己抗体を高感度に同時検出することで、これまで以上の癌検出率向上および早期発見を可能とする技術。

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-2
微生物発酵によるビニルモノマー生産

京都工芸繊維大学
バイオベースマテリアル学部門
准教授  麻生 祐司

バイオプラスチック原料となる構造が複雑でヘテロ原子を有するビニルモノマーの発酵生産技術について紹介する。

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-5
糖尿病腎症に関連する新規尿中蛋白質の同定

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 研究所
糖尿病研究センター 臓器障害研究部
室長  久保田 浩之

糖尿病腎症患者の尿検体を用いたプロテオーム解析により、腎症患者で変動する新規蛋白質を同定した。当該蛋白質の医学的有用性を検討するための前向き観察研究を開始した。

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-1
カイコ-BmNPVバクミド発現系の応用

静岡大学
大学院 総合科学技術研究科 農学専攻 
准教授  加藤 竜也

現在複雑な構造を持つタンパク質を迅速かつ大量に生産する技術が求められている。カイコを用いた迅速なタンパク質生産法を紹介し、様々な分野への応用の可能性を示す。

日時:5月14日 (木) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-3
色素の粘膜表明塗布と多光子レーザ顕微鏡を用いた超早期がんの診断・治療法

三重大学
大学院医学系研究科
教授  溝口 明

本技術は、可食性色素の粘膜表面塗布と多光子レーザ顕微鏡画像化を組み合わせて、がん細胞を特異的に染色し、直径1ミリ以下の超早期がんを診断・治療するものである。 

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-6
食品成分による疼痛緩和のメカニズム

麻布大学
生命・環境科学部
教授  武田 守

本発表では食品に含まれる化学物質が痛みを緩和させる可能性を示し、疼痛緩和に有効な健康食品や副作用の少ない鎮痛薬の開発に関わる研究について提言する。

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-2
生体・医療用テーラーメイドセラミックスナノクリスタル

大阪大学
接合科学研究所
特任准教授  大原 智

本研究では金属やセラミックス等の無機ナノクリスタルを活用した生体・医療材料開発に向け、ナノクリスタルの高機能化のための高次構造制御について報告する。

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-3
肺癌細胞内においてEGFR/METシグナル系とendocytosisを制御するSNX1の機能

九州大学
大学院 薬学研究院 細胞生物薬学分野
准教授  西村 行生

gefitinib耐性肺癌細胞ではSNX1が過剰発現しEGFR/MET 分解が抑制される現象を最近見出した。今回EGFR/MET シグナル系とendocytosisを制御するSNX1の新機能について述べる。

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-5
Oxaliplatin誘導末梢神経障害の治療法の開発

近畿大学
薬学部 医療薬学科
教授  西田 升三

Oxaliplatinの副作用である末梢神経障害の明確な治療法は存在しなかった。私共はマウスを用いた実験にて、この末梢神経障害を完全に抑制する薬剤を見出した。

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-4
脳形成に必須なタンパク質キナーゼCdk5:その創薬標的としての可能性

首都大学東京
理工学研究科 生命科学専攻
助教  斎藤 太郎

Cdk5はヒトの脳形成に必須のタンパク質キナーゼであるが、異常活性化すると神経変性疾患の原因となる。その異常活性化の分子機構から創薬標的としての可能性を検討したい。

日時:5月14日 (木) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-1
有用物質の効率的な回収に向けた新規タグ技術の開発

広島国際大学
薬学部 分子微生物科学教室
助教  小林 秀丈

細菌由来の酵素に対して特異的に相互作用する低分子シャペロンを見出した。その構造解析の成果を基盤として、標的蛋白質の効率的な回収に向けた新規タグ技術を開発する。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-6
B6系統にEL系統のけいれん発作感受性QTLを導入したマウス

麻布大学
獣医学部
准教授  田中 和明

EL系統のけいれん発作感受性遺伝子をB6系統に導入したコンジェニック系統を作成した。これらの系統は、発作原性獲得の機序を解明するための新しいモデルとなり得る。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-1
カラム不要でシンプルな、活性のあるタンパク質の究極の精製法

岡山大学
大学院自然科学研究科 生命医用工学専攻
准教授  飛松 孝正

高価なカラムを用いることなく、細胞破砕液の遠心分離と沈殿の懸濁という単純な操作を行うだけで、活性のあるタグ融合タンパク質を高純度・高収率で得ることができます。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: EX-5
Metabolomics based approach to discriminate between uropathogenic E. coli isolates

King Saud University
Pharmaceutical Chemistry
Assistant Professor  Haitham AlRabiah

Study the effect of Trimethoprim on the metabolome of E. coli and develop a workflow to discriminate between E. coli isolates down to the sub-species levels.

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-5
RAGEアプタマーおよびその用途

久留米大学
医学部内科学講座腎臓内科部門
教授  深水 圭

本研究において、RAGEに対するアプタマー、およびRAGE関連疾患を治療または予防するための組成物を獲得した。さらにマウスにおいて、その治療効果を実証した。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-4
FAMSとchooseLDを用いたインシリコ創薬パイプライン

中央大学
理工学部物理学科
教授  田口 善弘

中央大学では共同研究プロジェクト「FAMSを用いたタンパク質機能予測に基づくdrug discovery」を立ち上げin silico創薬を目指してきた。その成果を報告する。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-3
遺伝子組換え嫌気性菌による固形がん治療

帝京平成大学
薬学部薬学科
教授  石田 功

私たちは、嫌気性菌ビフィズス菌が腫瘍内部の嫌気部位で増殖する性質に注目し、腫瘍殺活性をもつタンパク質を発現分泌する組換えビフィズス菌の抗腫瘍効果を見ている。

日時:5月14日 (木) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-2
アスベスト蛍光染色用プローブ開発

広島大学
大学院 先端物質科学研究科
教授  黒田 章夫

アスベスト結合タンパク質を発見し、改良してアスベスト蛍光検出用のバイオプローブを作製した。このプローブを使えば蛍光顕微鏡下でアスベストが光って観察できる。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-1
高品質結晶の作製技術~結晶構造解析から結晶多形探索まで~

大阪大学
大学院工学研究科電気電子情報工学専攻
特任准教授  安達 宏昭

一般的に高品質結晶の作製は困難であるため、新しい結晶作製技術を開発している。対象物はタンパク質や医薬候補となる低分子化合物である。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-3
求む!!癌/精巣抗原KK-LC-1に対する抗体医薬/診断薬開発に興味のある企業

北里大学
メディカルセンター
上級研究員  福山 隆

本発表では、癌/精巣抗原KK-LC-1は膜タンパク質であることを特記する。我々は、抗KK-LC-1抗体を用いた治療薬/診断薬開発に興味を持っていただける企業を探している。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-4
ペプチドディスプレイ技術を用いたバイオ創薬技術とその展開

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
創薬基盤研究部門 糖鎖技術研究グループ/ペプチド創薬研究ラボ
主任研究員  木村 忠史

ファージディスプレイやPERISS法等のペプチドディスプレイ技術による糖鎖模倣ペプチドや膜タンパク質標的ペプチド等の創製とその展開についてご説明いたします。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-6
リポタンパク質受容体LRP1に着目した神経変性疾患の新たな治療戦略

東京薬科大学
薬学部応用生化学教室
講師  林 秀樹

グリア細胞由来のリポタンパク質の刺激によりLRP1受容体を介する強力な視神経保護効果を見出した。神経変性疾患の新たな治療標的としてLRP1に焦点を当てる。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-5
スーパーオキサイドの近赤外化学発光検出剤

三重大学
大学院生物資源学研究科
教授  寺西 克倫

好中球の免疫応答におけるスーパーオキサイドの産生を全血を用いて検出する近赤外化学発光剤に関して発表する。

日時:5月14日 (木) 16:15 ~ 16:45     会場: ACA-2
診断と治療を改革する糖鎖複合体

国立研究開発法人 理化学研究所
田中生体機能合成化学研究室
准主任研究員  田中 克典

発表者の糖鎖複合体は、生体内での複雑なパターン認識を効果的に疑似化して、特定の臓器や癌を厳密に認識し、排出過程も調節できる。診断や治療における革新的分子である。

日時:5月14日 (木) 17:00 ~ 17:30     会場: ACA-2
生体信号(脳・目・手)を利用したヒューマンマシンインターフェースの開発

岐阜大学
工学部 機械工学科
助教  松下 光次郎

生体信号を用いたロボット制御技術は,今後の福祉分野の発展に大きく貢献すると考える.そこで簡易・低価格な脳波/眼電/筋電を利用したロボット制御システムを紹介する.

日時:5月14日 (木) 17:00 ~ 17:30     会場: ACA-1
昆虫ウイルス由来タンパク質微結晶を用いたサイトカイン徐放剤

京都工芸繊維大学
応用生物学部門
副学長  森 肇

この細胞増殖因子の徐放剤は細胞増殖因子の安定化、培養容器へのコーティング、動物実験での週あるいは月のオーダーでの細胞増殖因子の効果を見ることを可能にした。

日時:5月14日 (木) 17:00 ~ 17:30     会場: ACA-6
筋萎縮性側索硬化症(ALS)モデルショウジョウバエの開発とその利用

京都工芸繊維大学
応用生物学部門
教授  山口 政光

ALS原因遺伝子の中でFUSとFIG4遺伝子に注目し、それらのノックダウン系統を作製して、同定した新規治療標的となりうる遺伝子やシグナル経路について紹介する。

日時:5月14日 (木) 17:00 ~ 17:30     会場: ACA-5
機能性ペプチドの人工設計:アミロイド分解能を持つミニチュア酵素の創製へ

神戸大学
大学院理学研究科化学専攻
准教授  田村 厚夫

独自の「機能性ペプチドデザイン技術」を用い、アルツハイマー病のアミロイド線維など病原性タンパク質凝集体に対する分解能を持ったミニチュア酵素の創製に成功した。

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-5
腫瘍局所免疫疲弊解除によるがん免疫治療

岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻
教授  鵜殿 平一郎

腫瘍局所に浸潤したCD8T細胞の免疫疲弊を2型糖尿病治療薬メトホルミンで解除・克服し、従来法と組み合わせた新しいがん免疫治療の方向性を提案いたします。

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-1
遺伝研発のツール:トランスポゾンとゼブラフィッシュ

国立遺伝学研究所
初期発生研究部門
教授  川上 浩一

国立遺伝学研究所で開発されたトランスポゾンツール、及び国際的にも高く評価されているゼブラフィッシュ研究、を中心にした創薬・研究の可能性を議論したい。

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-3
ヒト癌細胞の動物移植法を用いた新たな癌バイオマーカーの探索

日本医科大学
統御機構診断病理学
准教授  石渡 俊行

ヒト癌培養細胞を免疫不全マウスに移植し、マウス血液中に移行、増加するヒトmicro RNAを網羅的に探索し、高感度の癌バイオマーカーを検出した.

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-6
頭蓋内出血及び炎症性腸炎に影響する高病原性口腔細菌を検出することの意義

浜松医科大学
医学部 医学科 薬理学講座
教授  梅村 和夫

口腔細菌と全身疾患との関連性について研究を行う中で頭蓋内医出血及び炎症性腸疾患を悪化させる特殊なう蝕原因菌を見出した。本技術は口腔細菌の存在の検出方法に関する。

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-4
光応答性細胞移動アッセイ系

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 / 神奈川大学
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
独立研究者  中西 淳

細胞移動は創傷治癒・がん等の生理現象・病態のいずれにも関わる重要な細胞機能である。本発表では我々が開発した光応答材料に基づく新しい細胞移動アッセイ系を紹介する。

日時:5月15日 (金) 11:00 ~ 11:30     会場: ACA-2
生きた細胞内の分子の動きを見る高速超解像ライブイメージング顕微鏡SCLIM

国立研究開発法人 理化学研究所
光量子工学研究領域エクストリームフォトニクス研究グループ生細胞超解像イメージング研究チーム
チームリーダー  中野 明彦

超解像高速共焦点ライブイメージング顕微鏡SCLIMを製作した。すでに細胞生物学の謎を次々に解明し、生命科学、さらには医療、創薬への応用が期待される。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-4
ナノ病態生理学:病巣組織による薬の到達阻害と難治状態

岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科 医薬品臨床評価学
教授  狩野 光伸

難治の原因は標的細胞のほかに、薬剤の病巣内到達経路にもあることを膵がんとナノ薬剤で示してきた。この新視点による疾患メカニズム解明及び創薬について可能性を考える。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-3
腫瘍増殖と血行性転移を抑制する抗ポドプラニン中和抗体

(公財) がん研究会
がん化学療法センター
所長  藤田 直也

がん細胞膜上の血小板凝集誘導因子ポドプラニンに対する中和抗体を作製し、腫瘍増殖とがん転移にポドプラニンが関与すること、本抗体が治療応用可能であることを見出した。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-6
新規生物活性物質の創出に向けて-北里微生物資源ライブラリーの魅力-

北里大学
北里生命科学研究所
講師  松本 厚子

約40年間におよび蓄積してきた有用天然化合物の生産菌と新たに収集した未利用で多種多様な微生物、およびそれらが生産する生物活性物質の魅力について紹介する。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-2
新規蛍光基質によるシアリダーゼ活性の可視化

静岡県立大学
薬学部 生化学分野
教授  鈴木 隆

本研究では、シアリダーゼ活性染色用新規蛍光プローブを用いたインフルエンザウイルスや大腸癌等の高感度なイメージングについて報告する。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-1
GST活性検出蛍光プローブを用いた阻害剤スクリーニング

東京薬科大学
生命科学部分子生物化学研究室
助教  藤川 雄太

我々は薬物代謝酵素GSTに対する高感度活性検出蛍光プローブを開発した。阻害剤スクリーニングをはじめとした実例を示し、本蛍光プローブの応用について紹介する。

日時:5月15日 (金) 11:45 ~ 12:15     会場: ACA-5
理研創薬・医療技術基盤プログラムの取り組みとテーマ・プロジェクトの実例

国立研究開発法人 理化学研究所
社会知創成事業 創薬・医療技術基盤プログラム 事業開発室
室長  吉田 茂美

日本初の革新的な医薬・医療技術創出を目指す創薬・医療技術基盤プログラム(DMP)の取り組みについて、テーマ・プロジェクトの実例も交えて紹介する。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-5
粘膜免疫誘導型新規ワクチンベクターの開発

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
霊長類医科学研究センター
センター長  保富 康宏

ヒトパラインフルエンザ2型ウイルス(HPIV2)は粘膜免疫誘導型ワクチンとしての開発が行われている。本フォーラムではHPIV2のワクチン開発等においての可能性を示す。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-1
おかやまメディカルイノベーションセンター(OMIC)での研究支援体制について

岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科 産学官連携センター
助教  花田 貴寿

我々は分子イメージング機器を活用したライフサイエンス環境を提供している。本邦初となるZr-89の自動精製装置を開発し、Zr-89標識抗体のPETイメージングも可能である。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-2
糖尿病網膜症、黄斑変性症の治療効果を可視化する網膜低酸素イメージング

岐阜薬科大学
薬学部 創薬化学大講座 薬化学研究室
准教授  奥田 健介

視力低下・失明の要因として問題となる低酸素関連眼疾患における低酸素状態をin vivoイメージングにより早期に検出可能な発蛍光型の小分子蛍光プローブを創製した。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-3
ERK/AKT dualシグナル伝達阻害化合物による新規抗がん作用開発

近畿大学
薬学部 創薬科学科
教授  杉浦 麗子

ERK MAPK経路とPI3K/AKT経路を同時に阻害する新規抗腫瘍剤シーズを発見した。本化合物は、全く新しい分子標的と作用機序を持つ、革新的がん治療戦略を提唱する。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-6
機能微生物ライブラリーの可能性

東京工科大学
応用生物学部
教授  松井 徹

保有する石油系有機化合物分解菌は多様な環境浄化能と機能性化学品生産の可能性を持つ。沖縄地方の試料より分離した放線菌類の各種機能についても紹介する。

日時:5月15日 (金) 12:30 ~ 13:00     会場: ACA-4
新しい作用点を有するアルツハイマー型認知症の根本的治療薬

長崎大学
大学院医歯薬学総合研究科 ゲノム創薬学研究室
教授  岩田 修永

アルツハイマー病の発症原因となるアミロイドβペプチド(Aβ)の主要分解酵素ネプリライシンとAβ産生に抑制的に働くαセクレターゼの活性を増強する化合物の特性について

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-3
クルクミン誘導体 ―新たな抗腫瘍性化合物の開発と将来ー

秋田大学
臨床腫瘍学
教授  柴田 浩行

クルクミン誘導体はマルチターゲットな分子標的化合物で、シグナル伝達阻害、アポトーシス誘導、浸潤/転移阻害、血管新生阻害などの活性を有する抗腫瘍性化合物である。

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-2
機能的な心筋組織の構築に必要な心臓線維芽細胞の発見とその分離方法の確立

慶應義塾大学
政策・メディア研究科
研究員  岩宮 貴紘

心筋組織の成熟化・機能化において特定の心臓線維芽細胞種の共培養が必要不可欠であることが明らかになった。本細胞の分離方法の確立と、機能的な心臓組織の構築を目指す。

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-1
人工生体膜を利用した高感度生体分子計測技術

神戸大学
自然科学系先端融合研究環遺伝子実験センター
准教授  森垣 憲一

疾患マーカー検出や膜タンパク質活性評価を目的として、生体膜を模倣したパターン化人工生体膜をガラス基板表面に作製し、生体分子を高感度で計測する手法を開発した。

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-4
NBRP ヒト研究用幹細胞バンク事業

東京大学医科学研究所
セルプロセッシング・輸血部
准教授  長村 登紀子

研究用臍帯血幹細胞バンクは、移植適応外の臍帯血を調製凍結して、理研BRCを介して、再生、創薬、免疫研究やiPS細胞樹立など広く医学の発展のための研究に提供しています。

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-6
吸引/加圧送液法を用いた紙製流体デバイスによる高速分析

豊橋技術科学大学
エレクトロニクス先端融合研究所
特任講師  三澤 宣雄

吸引/加圧することにより強制的に送液することで紙製流体デバイス内の液体を高速移動を図る.この結果、マイクロ混合が可能となり,分析等における試薬調製時間が短縮できる.

日時:5月15日 (金) 13:15 ~ 13:45     会場: ACA-5
記憶力低下とうつ病予防に対するイノシンの効果

日本医科大学
スポーツ科学
准教授  三上 俊夫

食品中に含まれるうま味成分の一つである「イノシン」はストレス由来のうつ様症状の発症や記憶力の低下を防ぐ働きを持つ。

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-5
網羅的遺伝子発現解析による機能性食品の評価

(公財) 神奈川科学技術アカデミー
健康・アンチエイジングプロジェクト
地域連携コーディネーター  飛田 虎之介

ニュートリゲノミクス手法を用いた網羅的遺伝子発現解析による機能性食品の効能安全性の評価について、神奈川県産むかごを実例としてご紹介します。

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-4
新規網膜血管新生治療薬の開発

岐阜薬科大学
薬効解析学研究室
教授  原 英彰

ヘパリン結合性上皮成長因子様成長因子(HB-EGF)は、加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症等の網膜血管新生に関連する病態に有効な新たな治療標的となる可能性が示唆された。

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-6
国立遺伝学の研究内容と研究シーズの紹介

国立遺伝学研究所

知的財産室長  鈴木 睦昭

国立遺伝学研究所は遺伝学分野で世界的な評価を受けています。今回、遺伝研で開発されました実験モデル生物や基礎研究に役に立ついくつかの研究ツールについてご紹介します

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-2
遠赤色光吸収により光変換しつつ蛍光を発するタンパク質の発見と開発

静岡大学
大学院 総合科学技術研究科 理学専攻
講師  成川 礼

我々はビリベルジンという遠赤色光吸収色素を結合する新規のタンパク質を発見した。そのタンパク質は遠赤色光を吸収して光変換し、同時にそれよりも長波長の蛍光を発した。

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-3
イヌの癌及び慢性疾患に対する診断・治療用抗体の開発

日本大学
生物資源科学部
教授  中西 照幸

イヌの癌及び慢性疾患に対する診断・治療を目的として、イヌ白血球表面抗原あるいはサイトカイン及びその受容体に対するモノクローナル抗体を作製し特性について解析した。

日時:5月15日 (金) 14:00 ~ 14:30     会場: ACA-1
新規脳内小タンパク質の産出方法とその生理機能

広島大学
大学院 総合科学研究科
准教授  浮穴 和義

哺乳類の脳内視床下部領域に発現している小タンパク質をコードした新規遺伝子を見出している。この小タンパク質の産出方法と生理作用について紹介する。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-5
食の安全安心から見たカビ毒のリスク評価と防止戦略

麻布大学
生命・環境科学部
教授  小西 良子

食品製造業界や飼料業界は、輸入品等のカビ毒汚染が大きなリスクとなるが、その対策はされてない。この研究事業は、カビ毒を対象に食の安全安心に係る研究を行う。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-3
過酸化物を基盤とする新規抗がん剤の開発

岐阜薬科大学
薬学部 合成薬品製造学研究室
教授  伊藤 彰近

パーオキシ基を有する新規化合物を合成し、その生物活性検討したところ、強力な抗腫瘍活性を有することを見出した。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-2
再生医療時代の細胞・臓器移植のための灌流技術

首都大学東京
理工学研究科 機械工学専攻
准教授  小原 弘道

幹細胞をはじめとする新しい技術発展のなか、医療につなげるためには移植技術が必要不可欠です。本研究では、流れに着目した次世代の細胞・臓器移植技術を紹介します。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-4
軸不斉をもつ生物活性天然物の化学合成法

東京薬科大学
薬学部薬品製造学教室
教授  松本 隆司

ビアリール化合物は,置換形式によってはビアリール結合の回転が束縛され軸不斉をもつ。本発表では,そのような特異な構造を含む生物天然物の不斉合成法について述べる。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-6
タンパク質凝集性疾患の治療に向けた赤外自由電子レーザーの利用研究

東京理科大学
総合研究機構赤外自由電子レーザー研究センター
センター長  築山 光一

アルツハイマー病など様々な難疾患の原因となるタンパク質凝集体を解離させる有効な手段として、赤外自由電子レーザーを用いる工学的方法を提案する。

日時:5月15日 (金) 14:45 ~ 15:15     会場: ACA-1
肺線維症、腎硬化症、慢性閉塞性肺疾患のモデルマウス

三重大学
大学院医学系研究科
教授  ガバザ エステバン

肺線維症、腎線維症、慢性閉塞性肺疾患の新規治療法の研究開発のため、各疾患の臨床病態を再現するマウスモデルを作製した。

日時:5月15日 (金) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-4
遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法によるエピジェネティック創薬標的探索

大阪大学
微生物病研究所
助教  藤田 敏次

我々が開発した遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法を用いて、疾患原因遺伝子の発現制御に関与するエピジェネティック制御因子等を創薬標的として同定する技術を紹介する。

日時:5月15日 (金) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-6
新規蛍光色素をコアとした医療分野への展開

九州産業大学
工学部物質生命化学科
教授  礒部 信一郎

従来品に比べ退光しにくい当蛍光色素を疾病・病理診断など医療分野に展開する産学官共同プロジェクトが進行中です。今回は開発中のアプリケーションについてご紹介します。

日時:5月15日 (金) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-5
顕微受精を用いた鳥類の孵化育成

静岡大学
大学院 総合科学技術研究科 農学専攻
准教授  笹浪 知宏

顕微授精は基礎研究やヒトの不妊治療に広く応用されているが、鳥類での成功例はなかった。本発表では、顕微授精によるヒナの孵化育成の成功とその応用について紹介したい。

日時:5月15日 (金) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-2
透明基板に接着したガン細胞と正常細胞との位相差解析による非侵襲的識別

北海道大学
工学研究院細胞培養工学研究室
教授  高木 睦

プラスチック等の透明な基板に接着した細胞について透過光の位相差を解析することにより、短時間に高精度かつ非侵襲的にガン細胞と正常細胞を識別できることを説明します。

日時:5月15日 (金) 15:30 ~ 16:00     会場: ACA-3
新規ラジカル反応の開発と制がん活性海洋天然物の合成

明治薬科大学
アジア・アフリカ創薬研究センター
センター長・教授  齋藤 直樹

種々のメトキシパラキノンを希釈溶液中、光照射すると1,3-シクロペンタン環を持つフェノール誘導体が簡便に得られることを発見し、新規制がん剤の合成に応用しました。

▲PAGE UP